Work flow

♦︎ご相談
メールや電話あるいは直接お会いしてご質問にお答えします。
ご相談や気になる事などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
相談や問い合わせで料金が発生することはありませんのでご安心下さい。
ご了解が取れればこれまでの作品の見学も可能です。その際はこれまでのお客様の話等もご参考にして下さい。
土地が決まっていない場合は土地探しもお手伝い出来ます。
♦︎ヒアリング
お客様のご要望をお聞きします。
敷地を拝見し、周辺環境・関連法規等を地チェックし、将来予測も考慮します。
敷地やご予算等の条件の厳しい場合も、スタディを重ねて「快適で楽しい他にない住宅」に迫る事が可能です。
♦︎プランニング:基本計画
ご要望や種々の条件を基に、スケッチ・模型等で周辺環境との関係・家族構成によるスペースの配分・光・風等森羅万象に思いをめぐらし推敲を重ね最善案を構築していきます。
♦︎プレゼンテーション
図面・模型・CG等で計画案を説明し、ご質問を伺います。
契約に至らない場合はプランニング料・模型制作費として5万円頂戴いたします。プランの流用は固く禁止させて頂きます。
♦︎基本設計 / 設計監理契約締結時に設計監理総額の内の10%お支払い
プレゼンテーションに合意了承頂き基本設計に進みます。
設計監理契約締結を前提(他の設計者に依頼しない条件)にご要望に応じプランの変更検討・素材・設備・構造の検討調整を繰り返しながら新たなご要望もプランに反映させ、双方が納得出来るまで何度も変更調整を繰り返します。
合意に達して設計・監理契約を締結します。
♦︎実施設計 / 基本設計終了時に設計監理総額の内の25%お支払い
基本設計図面を元に、細部の検討・調整を繰り返しながら実施設計図面を作成します。
♦︎実施設計終了・工事業者に見積依頼 /実施設計終了時に設計監理総額の内の25%お支払い
数社での入札あるいは特命で施工業者に見積もりを依頼します。
設計・監理者と施工業者にはそれぞれの立場で力を最大限発揮できる環境が大切であり、それぞれが馴れ合いにならない関係を保つことがお客様にとっても良い建築に恵まれる条件であると考えます。
♦︎見積チェック・調整 / 確認済証発行時に設計監理総額の内の15%お支払い
施工会社から提出された見積書の詳細をチェックし金額が適正であるか精査・調整を行います。よりリーズナブルな金額を目指して設計内容も何度も検討し無駄を省きます。
お客様と協議し施工会社を決定。工事請負契約書をお客様と施工業者の間で結んで頂きます。
建築確認申請を検査機関に提出し、審査後建築確認申請済証が発行されます。
♦︎工事着工・設計監理
最低週1回程度、竣工目前やアクシデントが起きれば毎日でも現場に出向きます。
図面通りに進んでいるかどうかの地チェックだけでなく、CG等で現場進行中も検討し、設計中に思い浮かばなかった妙案があれば、工事金額が増額にならない事を前提にお客様と相談の上変更します。
♦︎竣工引渡し / 竣工引渡し時に設計監理総額の内の25%お支払い
設計監理者・施工業者立ち会いのもと検査機関の検査を経て検査済証が発行されます。
数度のチェックを経て・最終チェックをお客様立会いのもと行い引き渡します。
1・2年目の定期的なアフターケアに限らず、不備不良が生じれば直ちに善処するする体制で施工業者を選定しています。
♦︎設計監理料
弊社の設計監理料は住宅の場合総工事費の10〜12%程度でお願いしています。
が御予算などのご都合により柔軟に対応対応いたしております。ご遠慮なくお申し出下さい。
構造設計が別途工事費の1.5%程度かかる場合がございます。
また工事費が確定するまでは予定金額で算出し、確定後に精算致します。
遠隔地の場合には別途交通費をご負担いただく場合がございます。
提示したプロセスはあくまでも一例で、お客様ごとに全体の進め方やお支払い回数は柔軟に対応いたしております。

HOME | Work flow